シンガポールのグルメ、観光、生活情報。
スポンサーサイト *
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
2014.02.17 Monday /// - / -
<< たこ焼きの用具と材料が、シンガポールで揃ってしまう話。 | main | エスミラーダ ESMIRADA at Orchard  地中海料理 >>
シンガポールの肉屋さん 「Butcher House」 *
たこ焼きパーティーは3時でお開き、Sさんはお嬢さんの習い事があるので、残りのメンバーでグレワに移動してお茶しました。
グレワはオーチャードから少し離れた所にある、大型ショッピングセンターです。
日本人の間では「グレワ」が通称のようなのですが、

「Great World City (グレート ールド シティ)」 → グレワ

この略し方、とっても関西のにおいがします。
もしかして最初に略したのは関西の方なのでは?

ミスターーナツ → ミスド
ロイヤルスト → ロイホ

「グレワ」も、この略語の法則に当てはまりまくりなので(笑)

※ ミスタードーナツを「ミスド」と略すのは全国的かもしれませんが、本社が大阪のため
   関西人が略す → CMで広まる → 全国で「ミスド」と呼ばれる の順番と思われます。


そのグレワでお茶したあと、友達が「Butcher House (肉屋)」に行くと言うので、私も一緒に付いていきました。
グレワ周辺は全く土地勘が無いエリアなので、教えてもらえる良いチャンス!




10分弱歩いたら到着しました。
ソーセージ、ベーコン、ハム、BBQ用の肉、いろいろ揃っています。
友達はソーセージを買っていました。
店の人が試食品をくれたので、ありがたく味見しましたが、確かに思わず買いたくなる味でした。

ソーセージを選んだあと、友達が生ハムに興味を示したところ、店のおじさんがこれも試食させてくれるとのこと。
高い生ハムなのに、おじさん太っ腹〜♪

その生ハムを食べたところ・・・・・・、
買うつもりは無かったのに、あまりのおいしさについ買ってしまいました。
イタリア産とオーストラリア産の2種類の生ハムがあって、今回買ったのはイタリア・パルマ産のものです。
Italian Parma Prosciutto(プロシュート 又は プロシュット) 100g S$11




オーチャードに戻って、「PECK」でフォカッチャを買って(PECKの記事は コチラ )、モスでサラダを買って、生ハムと夢の合体をさせてみました。
余ったサラダの上にも生ハム!

フォカッチャサンドにして、次の日にそのままつまんで、まだ残っているので、次はルッコラと生ハムのパスタにしようかと思案中。


「Butcher House」
464 River Valley Road
TEL  6887-3464
2007.08.01 Wednesday /// comments(8) / trackbacks(0)
スポンサーサイト *
2014.02.17 Monday /// - / -
Comment
おー!!ちゃんと調理する為にきくさんが買い物してる!?
省略のやり方、勉強になりました。「グレワ」のアクセントはやっぱり「レ」ですか?(笑)
「マクド」、「ファミマ」、「レスポ」とか全部真ん中アクセント!!
生ハム美味しそうやね。味見させてくれるお肉屋さんなんてないよ!太っ腹!!
| せんだ | 2007/08/02 9:09 AM |

あの生ハムは本当に美味しかったよねぇ〜。
なので、賛同者がいてくれて、良かったです。さんきゅ!
我が家も、昨晩、生ハムwithパルミジャーノチーズの
夢の競演で、優雅な?!夕食になりました。
| maruko | 2007/08/02 3:45 PM |

>せんだ
おー、私に調理(?)させるほど、おいしい生ハムだったよ。

「グレワ」のアクセントは「レ」なのかなぁ?
私自身は京都アクセントで大阪とはちょっと違うので、よくわからんですばい。
他の人が喋るのを注意深く聞いてみます。

私は「グレワ」は平坦に発音して、アクセントはついてないと思う。
大阪アクセントだと、例えば「びわこ」は「わ」で音が上がるんだけど、京都は「び」と「わ」と「こ」が同じ音程です。 アクセントは心持ち「び」かな。
「レスポ」も真ん中にアクセントつかんもん。 私は「レ」が強い。
同じ関西人でも違うね〜。

おじさん、わざわざ封を切って、新しかったのに試食させてくれました。
ビックリしたよ。 すごくない?
| きく | 2007/08/03 3:20 AM |

>marukoさん
あの生ハムは絶品でした。
marukoさんが興味を示してくれたからこそ、あの生ハムにありつけたので、こちらこそありがとうです!!

パルマ産の生ハムとパルミジャーノチーズ。
パルマで生まれ育った二者(ふたつ?)を再会させたわけですね。
粋だわ〜♪

生ハムとチーズということは、ワインを楽しみつつの晩餐でしょうか?
あの味はワインと合わせると更に引き立ちそうでした。
| きく | 2007/08/03 3:23 AM |

ならば、封を切ったのはおじさんの晩御飯だな。
| せんだ | 2007/08/03 8:59 AM |

勿論、ワインも頂きましたよ〜ん♪
残りの生ハムとソーセージで、あともう少しだけ、
優雅に(?!)暮らせそうです。。
| maruko | 2007/08/03 8:40 PM |

>せんだ
既に切ってある生ハムのパックを開封したのではなくて、塊をスライサーで注文分だけ切り落としてくれるタイプの販売方法でした。
なので、残りはそのまま冷蔵に戻されたよー。

おじさんの冤罪は晴れたかな?(笑)
| きく | 2007/08/05 1:37 AM |

>marukoさん
うちはもう無くなってしまいました。
夫は生ハムを好んで食べないので、私が独り占めしたのに無くなるの早すぎです。

ルッコラと生ハムのパスタを作ったら、結構量が必要で、あっという間に使い切ってしまいました。
優雅な生ハム生活、終了です。
ソーセージも本当においしかったので、私も買えば良かったな〜。
| きく | 2007/08/05 1:39 AM |










Trackback URL
http://merliyon.jugem.jp/trackback/82